著者ブランディングする方法

出版して、テレビやラジオに専門家、文化人、コメンテーターといった著名人として出演する方法を紹介いたします。

出版して有名人になる方法

そもそも出版とは

投稿日:

あなたがもし、文化人を目指しているなら、そのために出版をどう活用できるでしょうか。

 

文化人にとっての、出版とは。

それは、読者の「不」を解決することです。

 

文化人を目指している人には、特に「読者の不とは何か?」を意識してほしいところです。

 

「不」とは、至っていないものです。

たとえば、疑問であったり、悩みであったり、望みであったり、欲求であったり。

要は、満足していないことです。

 

その読者の「不」を解決するために、文化人を目指すあなたにできること。

それはまず、プロフィールと企画内容をきっちりかためることです。

「不」を解決するに値するプロフィールづくり。

もしくは読者の「不」を解決できる企画書づくり。

つまり、プロフィールと本の内容ですね。

その2つが重要になってきます。

 

編集者というのは、常に面白い人、面白いことを求めています。

言い換えると、「不」を解決するに値するプロフィール。それが面白い人ですね。

もうひとつの「不」を解決できる企画内容のところが、面白いこと、になります。

面白い人、面白いこと、というのは、場所に関係しません。

だから現時点で、オファーされていないということは、打ち出し方が甘いかもしれません。

あるいは、面白い、と思われていない。

もしくは面白そうなことを発信している、と思われていないってことですね。

面白ければ、口コミや紹介で広がっていくはずなので、当然オファーがあるはずです。

 

もちろん、編集者にたどり着くまで、時間がかかるかもしれません。

その時間を短縮するために、ソーシャルメディアの活用をおすすめします。

ad

ad

-出版して有名人になる方法

執筆者:

関連記事

文化人としてアピールする出版企画書のプロフィールで重要なこと

出版して、文化人を目指す人にとっては、読者の疑問を解決するに値するプロフィールづくりと企画づくりが必須です。 今回はプロフィールづくりについて詳しく解説していきます。   そもそも、疑問を解 …

イメージを大事にするなら絶対に出版してはいけない本

文化人としてブランディングするのであれば、絶対に手を出してはいけない本があります。   それは、 広告本 自伝 机上論 の3つです。   一番わかりやすいのは、広告本ですね。 自分 …

識者としてアピールできる出版企画とは

文化人としての出版を目指すのであれば、ノウハウ系の企画を立ててはいけません。   読者が「知りたい!」「何それ?」「本当?」と感じるような、そして、知的好奇心をくすぐるような企画を考えるよう …

出版して識者としてブランディングしようと思ったら

識者としてブランディングして、文化人になろうと思ったら、アメブロとフェイスブックをやってください。 特に、アメブロの場合はオフィシャルブログを目指しましょう。 オフィシャルブログになるためには、アクセ …

識者として定着させるための企画の考え方

文化人を目指す場合、一冊や二冊を出版したところで、文化人にはなれません。 なので、最初から数冊出版するつもりで考えるんです。   複数で本を出していくときのポイントは、何の専門家を目指すのか …