著者ブランディングする方法

出版して、テレビやラジオに専門家、文化人、コメンテーターといった著名人として出演する方法を紹介いたします。

出版して有名人になる方法

出版して識者としてブランディングしようと思ったら

投稿日:

識者としてブランディングして、文化人になろうと思ったら、アメブロとフェイスブックをやってください。

特に、アメブロの場合はオフィシャルブログを目指しましょう。

オフィシャルブログになるためには、アクセス数が1日5000~1万PV、名前での検索頻度、出版やテレビの出演実績、ブログを管理してくれる第三者がいることが条件です。

たしかに、オフィシャルの敷居は高く、直接サイバーに連絡しないと、なかなかなることはできません。

それでも、オフィシャルになると、より文化人っぽく見えます。

 

あとは、「名前.com」みたいに自分の名前のドメインを取得して、ワードプレスなどを運用してもよいでしょう。

 

そして、ブログなので、文化人を目指すのであれば、文章にも気をつけてください。

文章力は必須スキルです。

批判的、分析的な内容を意識して、独自の視点で書いてください。

独自の視点、切り口の部分が研ぎ澄まされていた方が文化人に見えます。

そのため、全体的に個人的思想を伝えるような内容を多めにし、あまり日常生活を公開するような内容は控えるようにしてください。

個人的思想を伝えるわけですから、多少、文章が長い方がいいでしょう。

最低でも1記事、800文字以上といった感じです。

 

つぎに、フェイスブックですね。

ここで重要なのは、コメント力です。

人のところにコメントしたときに、やはり論客っぽい感じが必要です。

ただ、褒めるのではなく、心の深さを匂わせるようなコメントですね。

決して、批判的なコトを書かないようにしましょう。

このコメント力は大切です。

人のところにコメントをするときは。そのコメントの中で必ず、最多数の「いいね」を獲得することを狙っています。

そういうところを意識しながら、コメントするようになると、どんどんコメント力は研ぎ澄まされていきます。

 

いずれにしても、文化人を目指すわけですから、ちょっと論客っぽく見えなくては意味がありません。

下手すると、輩に見えてしまうのので、注意しましょう。

 

 

 

ad

ad

-出版して有名人になる方法

執筆者:

関連記事

識者になるなら、ニッチでも1位を目指せ!

あなたが文化人を目指すのなら、とにかく何かの一位にならなくてはなりません。 それは、例えニッチであってもです。   人は、何であれ、トップの人の話ししか聞きたくないのです。   そ …

ベストセラーに学ぶ文化人

文化人を過去のベストセラーを例に見ていきます。 ただ、売れている本を書いたから、文化人に見えるわけではないんです。   たとえば売れている本に『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著、飛鳥新書)があ …

識者としてアピールできる出版企画とは

文化人としての出版を目指すのであれば、ノウハウ系の企画を立ててはいけません。   読者が「知りたい!」「何それ?」「本当?」と感じるような、そして、知的好奇心をくすぐるような企画を考えるよう …

識者として定着させるための企画の考え方

文化人を目指す場合、一冊や二冊を出版したところで、文化人にはなれません。 なので、最初から数冊出版するつもりで考えるんです。   複数で本を出していくときのポイントは、何の専門家を目指すのか …

そもそも出版とは

あなたがもし、文化人を目指しているなら、そのために出版をどう活用できるでしょうか。   文化人にとっての、出版とは。 それは、読者の「不」を解決することです。   文化人を目指して …