著者ブランディングする方法

出版して、テレビやラジオに専門家、文化人、コメンテーターといった著名人として出演する方法を紹介いたします。

出版して有名人になる方法

識者になるなら、ニッチでも1位を目指せ!

投稿日:

あなたが文化人を目指すのなら、とにかく何かの一位にならなくてはなりません。

それは、例えニッチであってもです。

 

人は、何であれ、トップの人の話ししか聞きたくないのです。

 

そして、何のトップになるか?

当然、市場規模が大きいところでのトップに越した方がありません。

でも、それはそんなに簡単なことではありませんよね。

そこで、何のトップになるかを考えてみましょう。

例えば、自分の分野をさらにジャンルで細分化して、トップになる。

例えば、ターゲットを細分化して、トップになる。

例えば、時間軸で細分化して、トップになる。

「他に誰がいるんだよ!」と言われてしまいそうですが、二人しかいなくても、百人いても、関係ないんです。

とにかく、まずは一位であることが大事なのです。

 

しかし、最初はニッチで構わないので、1位になる、そして、そこから徐々に広げていきながら、本当の1位になればいいんです。

最初に1位をとってしまえば、トップというブランドが成立します。

そのブランドを利用しながら実績を築いて、徐々に広げていく。

 

本だって、同じです。

トップになってしまえば、それ以上の本は無いということですから、その本は、定番本として本屋に残りますからね。

本屋に残るということは、その本は長期で売れます。

 

それが大事なんです。

 

1位をとったら、少し広げてまた1位をとる、そして、また少し広げて1位をとる…これを繰り返しながら、自分の立ち位置を強固なものにしつつ、どんどん広げていくんです。

そのためにも、まずはニッチでもいいから1位にならなくてはいけません。

 

ad

ad

-出版して有名人になる方法

執筆者:

関連記事

ベストセラーに学ぶ文化人

文化人を過去のベストセラーを例に見ていきます。 ただ、売れている本を書いたから、文化人に見えるわけではないんです。   たとえば売れている本に『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著、飛鳥新書)があ …

イメージを大事にするなら絶対に出版してはいけない本

文化人としてブランディングするのであれば、絶対に手を出してはいけない本があります。   それは、 広告本 自伝 机上論 の3つです。   一番わかりやすいのは、広告本ですね。 自分 …

そもそも出版とは

あなたがもし、文化人を目指しているなら、そのために出版をどう活用できるでしょうか。   文化人にとっての、出版とは。 それは、読者の「不」を解決することです。   文化人を目指して …

識者としてアピールできる出版企画とは

文化人としての出版を目指すのであれば、ノウハウ系の企画を立ててはいけません。   読者が「知りたい!」「何それ?」「本当?」と感じるような、そして、知的好奇心をくすぐるような企画を考えるよう …

文化人としてアピールする出版企画書のプロフィールで重要なこと

出版して、文化人を目指す人にとっては、読者の疑問を解決するに値するプロフィールづくりと企画づくりが必須です。 今回はプロフィールづくりについて詳しく解説していきます。   そもそも、疑問を解 …