著者ブランディングする方法

出版して、テレビやラジオに専門家、文化人、コメンテーターといった著名人として出演する方法を紹介いたします。

出版して有名人になる方法

識者として定着させるための企画の考え方

投稿日:

文化人を目指す場合、一冊や二冊を出版したところで、文化人にはなれません。

なので、最初から数冊出版するつもりで考えるんです。

 

複数で本を出していくときのポイントは、何の専門家を目指すのか?です。

具体的に言うと、そのジャンルでの第一人者を目指すのか、あるターゲットのカリスマを目指すのかというのが分かりやすいと思います。

その場合、そのジャンルでの第一人者を目指すのであればテーマを固定すること、あるターゲットのカリスマを目指すのであればターゲットを固定することです。

いずれにしても、自分の軸を明確にして、その軸に沿って、本を展開していきましょう。

その軸がぶれてしまうと、何の人だかわからなくなってしまいますからね。

 

■ジャンルでの第一人者を目指す

最初はニッチなテーマで本を出版するところからはじめて、そこでナンバーワンをとったら、徐々にテーマを広げていく。

そして、そのテーマで第一人者を目指します。

ただ、それだけでは、まだまだ。

テーマを広げて、一般的な読者への本を出せるとことまで広げきれば、文化人として成立することができます。

もし、テーマを広げるのに失敗したら、少し戻ってやり直し、再び、テーマを広げていくというのを繰り返すのです。

 

■あるターゲットのカリスマを目指す

ターゲットを固定して、徹底的にそのターゲットに向けた本ばかりを出版するのです。

つまり、そのターゲットが悩みそうなことをジャンル問わず、解消していくような本を出版していきましょう。

そうすると、そのターゲットは何冊か読んでくれて、そのターゲットにとってはカリスマ化していくことができます。

 

いずれにしても、何かの専門家になってしまえば、そこにファンが定着していきますので、次の本を出版したときに、その本を売りやすいんです。

そして、長く売れつづけるので、文化人としてのイメージを定着させやすくなっていきます。

 

繰り返しになりますが、そのためにも、決して軸はぶらさずに何か専門家として確立するまで、そこでやっていくということですね。

 

ad

ad

-出版して有名人になる方法

執筆者:

関連記事

イメージを大事にするなら絶対に出版してはいけない本

文化人としてブランディングするのであれば、絶対に手を出してはいけない本があります。   それは、 広告本 自伝 机上論 の3つです。   一番わかりやすいのは、広告本ですね。 自分 …

文化人としてアピールする出版企画書のプロフィールで重要なこと

出版して、文化人を目指す人にとっては、読者の疑問を解決するに値するプロフィールづくりと企画づくりが必須です。 今回はプロフィールづくりについて詳しく解説していきます。   そもそも、疑問を解 …

識者になるなら、ニッチでも1位を目指せ!

あなたが文化人を目指すのなら、とにかく何かの一位にならなくてはなりません。 それは、例えニッチであってもです。   人は、何であれ、トップの人の話ししか聞きたくないのです。   そ …

出版して識者としてブランディングしようと思ったら

識者としてブランディングして、文化人になろうと思ったら、アメブロとフェイスブックをやってください。 特に、アメブロの場合はオフィシャルブログを目指しましょう。 オフィシャルブログになるためには、アクセ …

ベストセラーに学ぶ文化人

文化人を過去のベストセラーを例に見ていきます。 ただ、売れている本を書いたから、文化人に見えるわけではないんです。   たとえば売れている本に『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著、飛鳥新書)があ …