著者ブランディングする方法

出版して、テレビやラジオに専門家、文化人、コメンテーターといった著名人として出演する方法を紹介いたします。

出版して有名人になる方法

イメージを大事にするなら絶対に出版してはいけない本

投稿日:

文化人としてブランディングするのであれば、絶対に手を出してはいけない本があります。

 

それは、

  • 広告本
  • 自伝
  • 机上論

の3つです。

 

一番わかりやすいのは、広告本ですね。

自分の商品もしくは自分の会社、もしくは自分自身の広告。

何かに誘導しようと思っているような本というのは、文化人としてはふさわしくありません。

 

自伝もそうですね。

どこかの寄せ集めみたいな机上論もNGです。軽く見えてしまいます。

 

文化人を目指すなら、私利私欲、要はダイエットであるとか、お金であるとか。そういうのはふさわしくありません。

テーマや切り口に気をつけてください。

ad

ad

-出版して有名人になる方法

執筆者:

関連記事

識者になるなら、ニッチでも1位を目指せ!

あなたが文化人を目指すのなら、とにかく何かの一位にならなくてはなりません。 それは、例えニッチであってもです。   人は、何であれ、トップの人の話ししか聞きたくないのです。   そ …

出版して識者としてブランディングしようと思ったら

識者としてブランディングして、文化人になろうと思ったら、アメブロとフェイスブックをやってください。 特に、アメブロの場合はオフィシャルブログを目指しましょう。 オフィシャルブログになるためには、アクセ …

ベストセラーに学ぶ文化人

文化人を過去のベストセラーを例に見ていきます。 ただ、売れている本を書いたから、文化人に見えるわけではないんです。   たとえば売れている本に『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著、飛鳥新書)があ …

識者としてアピールできる出版企画とは

文化人としての出版を目指すのであれば、ノウハウ系の企画を立ててはいけません。   読者が「知りたい!」「何それ?」「本当?」と感じるような、そして、知的好奇心をくすぐるような企画を考えるよう …

そもそも文化人とは

出版をすると、様々な可能性が拓けていきます。 その中でも、今回は文化人ということに着目します。   出版をして、文化人になる方法ですね。   そもそも文化人とは、ということで、私な …